研鑽、美味。

えひめ技あり鱧
プロジェクト認定店

えひめ技あり鱧プロジェクト認定店

鱧に魅せられた八幡浜のパイオニア

2011年に、松浦康夫社長が八幡浜市で立ち上げた水産加工会社「オーシャンドリーム」。社名の由来は限りある魚を海(オーシャン)の宝(ドリーム)に例えています。
松浦社長の「八幡浜を魚食文化の発信地に」という信念から、一番最初に目を付けたのは八幡浜が有数の水揚げを誇る鱧でした。鱧は京都の祇園祭や大阪の天神祭がおこなわれる7月を中心に京阪神に大量に出荷されますが、季節が変わり、また骨切りに適さないサイズだと、せっかくの美味しい鱧でも漁師さんが困るほどの安値で取引される魚でした。
松浦社長は、そういった鱧を大量に加工し、地元を中心に消費を拡大しようと、鱧商品の開発にをかさねました。その努力の甲斐あり、例えばハモカツを学校給食や大手飲食チェーンなどに納入を果たすなど、八幡浜の鱧のブランドを拡げてきました。ほかに、ハモまぶし、竜田揚げ、天ぷらなど鱧のもつ上品な味と工夫した料理法で販路を開拓しています。また八幡浜の商業施設アゴラマルシェにも出店していて、揚げたてのハモカツが人気を集めています。
その松浦社長が驚いたのが今回の骨から肉を削ぎ取る「えひめ秘伝技あり鱧」の技法でした。何万匹も鱧を捌いてきた松浦社長はこの技法で「新しいページを開きましたね」と高揚した面持ちです。鱧のお造りを初めて食べた時「これは異次元だ」と次から次へと鱧の新メニューが思い浮かびました。鱧の身をほぐした鱧味噌、鱧の一夜干し、そして鱧と高知産山椒を合わせた鱧山椒など、新製品を打ち出していく様は松浦丸が大海(オーシャン)に向け、鱧の新しい夢(ドリーム)を載せて航海しはじめるようです。
http://www.ocean-d.co.jp/

  • 株式会社 オーシャンドリーム
  • 796-0048 八幡浜市保内町宮内1−87−1
  • 電話/0894-36-3350
  • 営業時間/8:00~16:00
  • 定休日/毎月29日